もうひとつのGWの過ごし方

Pocket

えのき
昨日のつづきです。昨日のエントリーを見ていない方は、まずそちらを御覧ください。

GWの過ごし方(2015/05/09)








えのき
ね、有意義な過ごし方してたでしょ?

とうふ
有意義っていうか、すごい堕落した生活してたんだね・・。

とろろ
普段の寝不足を補うためのGWだからな。

らいおん
ゆっくり過ごせたGWだったわー。

とうふ
いや、、、普段から堕落した生活してるし。

Pocket

This entry was posted in マンガ. Bookmark the permalink.

5 Responses to もうひとつのGWの過ごし方

  1. Ringo says:

    幸せそうな寝顔(*^^*)
    有意義♪有意義♪

  2. とうふ says:

    帰るよーと言われても、ふ〜ん、と反応が薄いぐらい、居心地のよい滞在だったようです^^;

  3. Ringo says:

    とうふちゃんからコメントいただけるなんて!
    感激(≧∇≦)

  4. こはる says:

    はじめまして、とうふちゃんファミリーみんな可愛くて大好きです!
    我が家にも白柴(男の子)がいるのですが、近々、ご近所で保護された子猫ちゃんを迎えようか迷っています。猫ちゃんのことは前からとても好きなので仲良くなってくれると思うのですが、実家への帰省のことが心配です。本当に図々しいのですが、もしよろしければ、えのきちゃん達はどうやって帰省や旅行にも大丈夫なコに育ったのかお教えいただけたら本当にありがたいです。(ちなみに子猫ちゃんは生後20日程です。)
    もしかして過去のブログにそのような経緯が載っていたら申し訳ありません…

  5. とうふ says:

    >Ringoさん
    きゃー、照れてしまいます

    >こはるさん
    コメントありがとうございます。
    子猫ちゃんをお迎えされたいと考えられておられるんですね。

    厚揚げファミリーの場合は、やっぱり、兄妹が一緒にいる、ということで、家以外も大丈夫になりやすい気がします。
    そして、慣れも大きいです。年に2、3度でも帰省をしていると、到着すると『また来たにゃー』って感じで、勝手にベットを占領したり、『今回もササミ祭りだにゃー』と、冷蔵庫が開くたびに要求しています(汗)帰省先だったら、子猫ちゃんの好きなことや好きな食べ物をだしてあげると、いい印象の場所になってくれると思います。
    あとは、キャリーバックに慣らしたり、帰省や旅行先で安心スペースをつくって、しばらくあまり構わないでいてあげるとそこを拠点に探索するうちに大丈夫になってくるのもあるかもです。
    まずは、帰省先から、慣れていってくれるといいのかな♪

    次の記事のテーマにしてみようと思い、記事作成中ですので、アップされたら、よかったらご覧ください。
    子猫ちゃんと素敵なご縁が結ばれるといいですね。